アメリカ人の謝まり方

傾向として、何か間違いをして人に迷惑をかけた時のアメリカ育ちの人の謝まり方に納得いかない。

反対に日本文化の傾向しては、どんなに小さな事でどーでもいい事でもとりあえず謝る。それも嫌。

両国とも極端。

アメリカ育ちの人の謝まり方の傾向っていうのは例えば、

I forgot to do xyz… I failed to do xyz… I accidentally did xyz…

と罪を一応認めるのに謝る時は、apologies for the confusion, sorry for the inconvenience, sorry you are not satisfied with xyz.

We’re sorry for the confusion that this has caused

これ系本当カチンとくる笑

凄くひとごと。ただのテンプレート。

シチュエーションによるけど、本当に何かして迷惑かけちゃったら

This happened because of my misunderstanding I’m so sorry. I’m working on xyz to make sure the impacts are minimal.

とか、こんな感じで謝って欲しい。

訴えられる可能性が事によってはあるから、出来事によってはこういう謝り方できないだろうけど、間違いを認めるんだったらちゃんと謝ってって思うの。

日本の、とりあえず謝まりまくればいいやっていう傾向も嫌。謝るだけで今後どうするか、至急どう行動に出るか改善計画のない謝まり方。

でも、両者とも傾向があるっていうだけで、みんながそーじゃないからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください